法律相談をご希望の方へ

当事務所は、(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)より個人情報の適切な 取扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。

 

プライバシーマーク

 

当事務所の個人情報保護法方針

採用応募者の個人情報の取扱について

法律相談

法律相談のご案内

当事務所では、法律問題や法的トラブルでお困りの一般市民の方、個人事業主の方、株式会社などの法人や団体の方からの法律相談をお受けしています。

法律相談は、事務所にお越し頂いて、弁護士がお話を伺い法律的なアドバイスをするものです。弁護士に相談することで、問題が整理され、解決への法律的なアドバイスを得ることができます。問題を解決するために、相談だけではなく、弁護士が活動することが必要な場合には、そのためにかかる費用についてもご説明します。一回の相談時間は30分から1時間です。

このほか、事務所では、次のような法律相談を行っています。
【女性相談】女性弁護士が相談を受ける法律相談です。
【夜間相談】平日の夜間に相談を受ける法律相談です。現在、月曜と水曜に行っています。

まずは、お電話にて法律相談日時のご予約をお願いします。
借金・離婚・養育費関係の初回相談は無料です。
一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

予約受付時間 平日/午前9時30分から午後6時まで(土日祝日はお休みです)
予約電話番号 0586-26-6266
相談時間

平日/午前10時から午後5時まで
※但し、月曜・水曜に限り午後7時まで

法律相談料 1回60分 5,000円(税別)
※クレジット会社やサラ金に関する初回の相談、離婚・養育費・財産分与に関する初回の相談は無料です。

よくある質問

Q. 弁護士に相談するには、どうしたらよいですか?

A. 当事務所は、お電話で法律相談の予約を受け付けておりますので、まずはお電話で日時を予約してください。予約をされずに、直接事務所までお越しいただいても、弁護士の予定もありますので、その場ですぐに相談をお受けすることはできません。

Q. 相談をするのに紹介者が必要ですか?

A. 紹介者は、必要ありません。

Q. 弁護士に相談すべき内容かどうかわからないのですが?

A. 一人で悩まず、まずはお電話でお問合せください。お電話で簡単に内容をお聴きし、もし弁護士が相談を受けるべきではない内容であれば、他の適切な機関をご案内できる場合もございます。

Q.【予約受付時間】予約の電話はいつすればいいですか?

A. 平日午前9時30分から午後6時までの間にTEL0586-26-6266までお電話ください。
土日祝日はお休みです。

Q.【相談時間・相談料金】相談は何時から受けられますか?また相談料はいくらでしょうか?

A. 相談開始時間は、平日の午前10時から午後5時までです。月曜日と水曜日は、夜間法律相談として、午後7時まで可能です。
一回の相談時間は30分から1時間です。毎日、複数の相談者がおられますので、一回の相談は60分以内で終了するようにしています。
法律相談料は、一回あたり 【5,000円+消費税】です。但し、クレサラ問題(クレジット会社やサラ金[高利貸し、消費者金融]による多重債務、過酷な取り立て、高金利などを中心とした問題)に関する初回の相談、離婚・養育費・財産分与に関する初回の相談は、無料にて承ります。

Q. 相談の際に持って行くべきものはありますか?

A. ご相談に関連すると思われる資料で、お手元にあるものは、できるだけお持ち下さい。各相談の種類ごとのページには、【相談時にあるとよい書類】の記載もありますので、参考にしてください。

Q. 相談だけでもいいですか?

A. 大丈夫です。弁護士に相談したからといって、その弁護士に依頼をしなければならないわけではありません。法律相談だけで、解決のために有益なアドバイスが得られる場合もあります。法律相談で弁護士のアドバイスを聞いて、弁護士に依頼するかどうか、依頼するとしてもその弁護士にするのかどうか、じっくりとご検討ください。

Q. 依頼する場合の費用はどうなりますか?

A. 法律相談をした結果、弁護士に事件を依頼する際には、相談料とは別に弁護士費用が必要です。また、事件解決の際には、成功の度合いに応じて報酬をいただきます。弁護士費用は、当事務所の報酬基準に基づいて算定しますが、ご相談の事案の内容によって異なります。具体的にどのくらいの費用がかかるかは、法律相談の際に、事件の内容をお聴きした上で弁護士が説明しますので、遠慮なく弁護士に尋ねてください。費用のことも考えて、相談だけで終わるか、依頼されるかお決めいただければ結構です。費用の分割払いのご相談にも応じます。

Q. 電話やメールで相談はできませんか?

A. 当事務所では、電話やメールでの法律相談は、お受けしておりません。細かな事実関係によってアドバイスの内容が異なってきます。電話やメールでは、具体的な事実関係を十分に聞くことができません。また相談者の方は、自分に不利な事実はどうしても隠しがちなため、弁護士が誤った事実関係をもとに的はずれなアドバイスをしてしまうことも考えられます。電話やメールでの相談は、行き違いが生ずるおそれがあり、相談者の利益にもなりませんので、当事務所では行っておりません。

Q. 事務所まで行くことが難しいのですが、弁護士に出張してもらうことはできますか?

A. まずはお電話でお問い合わせください。ご相談の内容や事務所まで来られない事情等をお伺いして、ご相談をお受けできるか否か検討します。出張でのご相談の場合、相談料のほかに出張料がかかります。

Q. 女性の弁護士に相談を受けてもらいたいのですが?

A. 当事務所では、複数の女性弁護士が在籍しておりますので、女性の弁護士が相談を担当することが可能です。ご予約の際に、女性弁護士希望とお申し付けください。

Q. 法テラスの利用はできますか?

A. 当事務所では、法テラスの利用も可能です。
法テラス(日本司法支援センター)では、一定の要件をみたした方を対象に、弁護士費用を立て替える事業を行っています。利用者は立て替えてもらった弁護士費用を法テラスに毎月分割で返済していきます(弁護士費用が無料になるわけではありません)。利用には収入制限などがありますので、詳しくは法テラス(TEL 0570-07-8374)までお問い合わせください。

ページトップへ
| トップページ | 事務所案内 |当事務所業務実績 | 取扱業務 | サイトマップ |